クレジットカードについて

<クレジットカードとは>
クレジットカードは現金をもたずにカードの提示やサインなどで買い物やサービスがうけれます。これはクレジットカード会社がカードを使用する人の信用をもとに買い物をしたお店に、使用した人に代わってお金を支払うシステムです。
商品購入はもちろん商品代金を分割払いにしたり、ボーナス時一括払いやリボルビング払いにできたり、キャッシングやカードローンを利用する事もできます。ポイントサービスや割引特典があるのもあります。
その他に「付帯保険」「予約代行サービス」「通話料割引サービス」「保険サービス」等クレジットカードには発行会社によって様々なサービスがあり大変便利なカードです。

<クレジットカードの申し込み>
各クレジットカード会社の必要事項に入力・記入申込書に個人情報などを書き提出すると、信用情報機関などの個人情報をもとに、カードを作れる人物か、実在する人物かまた本人かどうか、直接連絡が取れるかなどを確認されれば、めでたくカード発行されます

<クレジットカードでの注意>
●計画的にクレジットカードを利用する!
自分の収入に合わせ、計画的にクレジットカードを利用する必要があります。一般にクレジットの月々の支払上限は収入(可処分所得)の20〜25%といわれます。万一計画に支障が生じた時にはカード会社などへ相談しましょう。
●支払期日は必ず守る!
支払期日に遅れると遅延損害金を支払うばかりか、信用が損なわれることでクレジットカードの利用ができなくなる場合もあります。
●会員規約はよく把握する!
クレジットカードの会員規約にはとても重要なことが記されており、クレジットカードの申込時にはしっかりと内容を読み、わからないことは必ずカード会社へ確認しておきましょう。あとで知らなかったではすまされません。
●サインは必ずする!
カード裏面にサインがないと、加盟店で利用できなかったり、紛失・盗難など不正使用されたとき、損害額が補償されません。必ずサインは必要です。
●暗証番号
生年月日、電話番号、自宅住所など他人が簡単にわかる暗証番号は危険です。カードの紛失、盗難で、暗証番号を他人に知られたことで生じる損害は原則には本人の負担となるので注意してください。(カード会社や警察などが電話で暗証番号の確認をすることはないので注意しましょう。)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。